わたしたちが考える空間づくりはDXを活かします。
 

私たちの生活や働き方が、新型コロナウィルスの影響により、予期せぬ事態に対応を求められています。働き方の見直しや新しい働き方への改革を迫られている状況です。
各種課題解決のため、仮説をたて、スピードを持って実装しそれらフォーマットを書き換えていくことが今求められています。
体験価値の裏付けこそデータで採る時代になりました。働き方も生産性の向上も最新技術の活用と同時にデータで図ることが求められています。
空間づくりの未来は、リアル×DXが求められていくのではないでしょうか。

私たち、丹青ヒューマネットでは、グループの力である、体験価値を高め、心を動かす空間づくりを人の力で支えてきました。
これまでに培ったネットワークを活かし、多くのクリエーターや技術者と共に、お客様の課題について解決策を考え新たな価値を創出いたします。
 


ところでDXって何なの?
 

DXとは?
DXの本質は、変化に迅速に適応し続けること、その中ではITシステムのみならず企業文化をも変革することであり、企業の目指すべき姿【コロナ禍により表面に出てきたこと】

・コロナ禍は一過性の特殊事象ではなく常に起こりうる事業環境の変化
・ これまでは疑問を持たなかった企業文化の変革に踏み込むことができたかが対応の成否を分けた
この2点があげられます。

企業が競争上の優位性を確立し、常に変化する顧客・社会の課題をとらえていくことがこれからの企業が目指すべき方向性といわれています。レガシー企業文化からの脱却こそが今求められています。



 

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町1-10-6
BIZ SMART神田9F

 
DXのHACO DX人材の育成プログラム
丹青ヒューマネット


DXってどんな人材が必要なの?
 

人材に求められるスキルとマインドとは?
DXはさまざまな業種や企業に対応できるように定義されており、DX人材が取り組むべき内容は広範囲に渡ります。代表的な職種としては、プロデューサー、ビジネスデザイナー、アーキテクト等、多岐に渡ります。
そして、そのような人材を活用し、プロジェクトを進めるために必要なスキルがIT分野の基礎知識やプロジェクト・マネジメント・スキルになります。さらに課題発見や現状を変えたいチャレンジ精神などのマインドが必要になってきます。


 


丹青ヒューマネットってDX強いの?
 

空間作りに人材サービスで携わってきたからこその強み
・年間6,000件を超えるプロジェクトを手掛ける丹青社グループでは、事業者、空間に集う人たちの想いと期待、事業としての成立の観点から自由な発想で、お客様と空間づくりを行ってきたことで、得られたノウハウがございます。

 

 

フィジカルな視点と、デジタル視点を持つ
丹青ヒューマネットだからこそ提供できる
DX人材の育成プログラム

 

DX事業を成功させるには、DX事業を支える先進的なデジタル文化を根付かせることが必要です。空間づくりに人材活用で貢献してきた丹青ヒューマネットだからこそ、デジタルな視点だけでなく、顧客のユーザビリティを考慮した人材育成プログラムをご提供いたします。

 


DX人材育成プログラム1.5カ月プログラム
~DXとは何かを学び、社内外の課題を理解する~
 

 
  • 1.5カ月(2週に1回)(3回)
  • 費用:30万円(税抜)
  • 受講人数:2名(1社)
    ※人数のご希望がございましたら、お問合せくださいませ。
  • DXは、人材のマインドセットが重要です。また今後どのような人材が必要か、どのタイミングで適切な人材投入が、効率よく行われるかのスピードが重要です。本講義では、それらの事を踏まえ、より実務な講義を行います。企業により課題は、内向き改革、外向き改革がありますが、本講義において何が優先なのか?もしくは両方なのか?把握できるようになる事を目的とします。



 

 

デジタル化は、企業により現状の進み具合が違います。まずは、自社の現状、課題を把握することから始めます。



 

 

基幹システム、人材不足、サイロ化問題等の変革に必要な考え方、身につけて頂きます。



 

 

DXには、内向きの改革プロセスの効率化 / 基幹システムの見直し / 人材の見直し外向きの改革新たなサービス / 新規事業 / 共創 / クラウド化 / アプリ開発何を優先すべきかを想定します。



 

・空間づくりのプロフェッショナル人が、培ってきたUXに基づいた知見
・空間で培ったデザインにおけるUI視点

フィジカルな視点と、デジタル視点をクロスさせた課題解決策のご提供
 ・お客様の事業課題に対するご提供
 ・社会の様々な課題に対するサービス提供

 

当社は空間づくりのプロフェッショナルとして、デジタルとアナログ問わず空間づくりに関わるさまざまな人や要素を結び付け、お客様の課題解決をサポートし、お客様とともに、空間に新たな価値を生み出してきた実績がございます。
 


お申し込みはこちらから